【咳がひどくて眠れない。クスリのみますか?】


夫が布団に入って2時間、咳が出続けて眠れない。

夜の12時過ぎ、あまりのひどさに起きてきた。

市販の風邪薬をのんだらしいが、期待したほどの効果は表れていない。

咳は

秒速40m、時速にすれば144キロメートル/h

一回で約2キロカロリー消費すると言われているらしい。

鍼灸の本には咳は肺の氣が下がらず、逆に上にいくので起こると、解説されている。

さらに、肝の氣が上に流れて、肺を犯すと、咳が止まらなくなる、とも書かれています。

(私は鍼灸師ではありませんが、本に書いてあることをヒントとしてとらえます。)

脈診をとると大腸経のエネルギーが過剰になっています。大腸経のエネルギーのバランス調整ポイントは肺経のL7にあります。鍼灸の本をみるとL7は「列欠れつけつ」というツボで経絡の氣の流れを良くするツボだと書かれています。大腸経につながっているらしい。

早速、手首の一本目のシワから少しひじの方にあがったところに指を置いて脈が来るのを待ちます。再度、脈診を調べるとエネルギー過剰は無くなったようです。

咳が続くと胸や背中の筋肉がこわばりやすくなるので、背骨の両脇や胸周辺をていねいにさすりました。肝臓があるあたりに手を置くと

置いただけなのに「痛い」と言います。

肝経の経絡にもバランス調整が必要のようです。こちらは背骨の上にあるバランス調整ポイントをタテにこすります。

さて、結果は⁇⁇

1、2回、咳は出ましたが、朝まで熟睡できたようです。

メデタシ‼️

……………………………………………………

本日も、読んで頂き、有難うございました。


タッチフォーヘルスインストラクター古里舟光湖へのお問い合わせ