【お客様の声】「お腹のハリがなくなりました。」埼玉県鴻巣・50歳  Mさん


①セッションを受けた理由を教えてください。

腸の様子が氣になっていたので、セッションを受けました。

②何が得られましたか?

体のエネルギーが回り始めたのが分かり、氣になっていたお腹のハリがなくなりました。

③氣(エネルギー)を、流す、この方法をどんな方に紹介したいですか?

いつも会う仲間や家族に紹介したいです。

Mさんは、子供を教える塾を開き、子供と親の支援活動もしておられます。


社会人、大学生、高校生の3人のお子さんがおられ、一家の大黒柱として活躍中。

「食事のあと、いつも、お腹が張る感じがして氣になっている」とのことです。





腸の様子が氣になっていたのがセッションを申し込んだ理由です。


筋肉反射テストをしてみると音叉(オンサ)が助けになることが分かりましたので、五行オンサを鳴らしてみました。

でも、オンサを、鳴らした結果、頭が回る感じがして胸苦しく感じると仰います。

「このまま、オンサを続けたいですか?」と尋ねると体はNG

さらに体に尋ねると、14経絡を整えることが有効だと分かりました。

14の氣(エネルギー)の流れを任脈から整えます。

筋肉反射テストをして弱かったところを、その都度、活性化して行きました。

 

筋肉反射テストをして「弱い」と体が反応したところは氣(エネルギー)の流れが悪くなっているところですので、氣の流れを良くして、体中にエネルギーが回るようにします。

予想通り脾臓のエネルギーは他のところ以上に「弱い」と反応しました。

脾臓と関係する筋肉は広背筋です。

広背筋は背中をまっすぐに保つ動作を補助する筋肉ですから、広背筋が弱ければ、自分の体を支えるのが苦しくなります。

また、広背筋が弱い時は、アレルギーや砂糖、カフェイン、タバコに対する過敏症があることを示している場合もあります。

東洋医学的にみると脾臓は知恵袋としての役割がありますから、脾経が弱ければ、当然、知恵も浮かんでこなくなりますね。

Mさんの場合、脾経は脊椎反射ポイントに加え、神経リンパポイントもこすりました。

このようにすると氣(エネルギー)が不足しているところに、充分に氣がまわり始めます。

14経絡のうち9つの氣の流れが「弱い」と反応しました。(任脈、督脈、胃経、脾経、心経、小腸経、腎経、心包経)

9つの氣の流れの、とどこおりを無くしていったら、三焦経(さんしょうけい)から先の筋肉である胆経、肝経、肺経、大腸経は、自然と整ってゆきました。

その結果、

「うわ〜いつも氣になっていた、お腹のハリがなくなった‼︎‼︎」と笑顔になられました。

 


体のエネルギーが回り始めたので、お腹のハリががなくなったのです。





タッチフォーヘルスは、誰でも使えるホームケアの決定版です。





1970年以来、全世界100カ国以上で活用され、1000万人以上の人によって実証されて来ました。




================

本日も、読んで頂き、ありがとうございました。

















タッチフォーヘルスインストラクター古里舟光湖へのお問い合わせ