【心踊るマシューのクリニカル&タッチフォーヘルスレベル1〜4】


心踊るマシューのクリニカル&

タッチフォーヘルス

レベル1〜4

2016年は2度、マシューシーの講座を受けました。

3月に

クリニカル・タッチフォーヘルス

8月には

完全版によるタッチフォーヘルスレベル1〜4

を受けました。

少しでも、習った通りにタッチフォーヘルス伝えたいとの思いから、受講しています。

2014年11月30日にタッチフォーヘルスのインストラクターになったとはいえ、すべてを覚えたわけではありません。

タッチフォーヘルス・インストラクター倫理要綱の中に

《受講生に教える目的が、全タッチフォーヘルス(タッチフォーヘルス1〜4)を認定されたテキストにそって、完全に忠実に教えることであると自覚しています。》
とあります。

すこしでも、

『完全に忠実に教える』ことを目指しているので、学ぶのです。

マシューのクリニカルタッチフォーヘルス、完全版でのタッチフォーヘルスレベル1〜4を学ぶと、マシューを通して、ジョンシー博士の思いを感じ取れるのです。

ジョンシー博士は、
最初、タッチフォーヘルスを無料で提供していたそうですが、そうすると人は、あまり関心を持たないということに、すぐに氣づいたそうです。

皆んなに価値を見出して貰えるように、いくらかお金を貰う必要がある、そうすれば、インストラクターも継続してゆけるだろう。

はじめに作った非営利の財団を、運営していくには、スタッフに給料を払う必要があったし、インストラクターにも、生計を立てる必要があると。

1990年代になり、ジョンシー博士は、リタイアして、非営利のタッチフォーヘルス財団も終わりにしょうと、考えていましたが、ここに関わってきた人達が、自分たちは継続したいと、言い、ジョンシー博士の許可を得て、

IKCを、設立したんです。

IKC(International Kinesiology College)

IKCは世界中で一貫して、タッチフォーヘルスのプログラムを提供するために、インストラクターのため、質の高い訓練をするために設立されました。

このいきさつは、マシューの講座に参加したからこそ、知り得た事柄です。

私は、こうした事を含めて、タッチフォーヘルスをお伝えせるために、ブログを書いているのです。

================

本日も、呼んでいただき、有難うございました。


タッチフォーヘルスインストラクター古里舟光湖へのお問い合わせ