【健康な自分を思い出す目標設定(その3)質問】


健康な自分を思い出す目標設定

(その2)の続きです。

《質問  1》

今のは、痛みに対しての目標設定と受け取っていいですね?

痛みから始まりました。

でも、結果的に、満たされることに氣づいたんです。

ですから痛みだけに焦点を当てるのではなく、その人全体をバランスすることになるんですね。




ても、確かに痛みがあるので、それを何とかしたいんです、という動機で来られる方は多いですよね。

痛みがあって、全体を見ることなので、心の痛みでも、同じような方法で目標設定ができますか?

はい

《質問  2》

前向きな視点に焦点を見つけられない、なかなかできない人、相手をどうにか変えたいということにフォーカスして、自分が、どうなりたいか、なかなか出て来ない人には、どう対応したら良いですか?

それも珍しくは、ないですね。

他の人の振る舞いに関する目標設定ですね。

本当に他の人の振る舞いをコントロールするのって、なかなか、できることではないですね。

タッチフォーヘルスのバランス調整を駆使しても、他の人の振る舞いをコントロールするのは、難しいです。

でも、自分の姿勢をバランスする力は自分に備わっているんですね。

だから、他の人の振る舞いにばかり、意識を向けていると、自分の力を、その人達にあげてしまうことになりますよね。

ですから、自分の力を取り戻すことを、うながすんです。

だからと言って、相手の言うことに耳を傾けないと言うことでは、ありません。

夫は、私のことを尊重してくれればいいのに…

子供が、ちゃんと、私の言うことを聞いてくれるようになればいいのに…

そうなったら、いいですね。

じゃ、尊重されていると感じられたら、

あなたはどんな氣分になりますか?

どう変わりますか?





他の人の振る舞いが、変わるとは言っていないですね。

想像してみましょう。

この魔法の杖を一ひと振りすれば、

自分の思い通りの行動をしてくれる、

そしたら、あなたは、どんな氣分になりますか?

あなたの行動に、どんな変化がみられますか?

自分に自信がつきますね。

リラックスできるし、一日、楽しんで過ごせますね。

じゃ、前向きな目標が見つかりましたね。

目標設定は、自分に自信を持つこと、リラックスして一日、楽しむこと。

人のことは忘れて、自分が何を望んでいるか、そこにだけ、フォーカスしましょう。




このようなバランス調整をすることで、バランス調整後に、他の人の振る舞いばかり、氣になっていたけれども、そうじゃなかったんですね。

自分のバランスを取ることが大切なことに氣づかれます。一旦、バランスが取れると、その真実に、自ずと氣づくんですね。

皆んな、自分のテーマだけに意識を向けることはできないんですね。

でも、優しくこちらの方に導いて、あげられたらいいんですよね。

テーマは兎も角、バランス調整をして、スタート出来るようになっていれば望ましいですよね。



《質問 3》

目標設定中に相手が感情的になってしまった場合は?

目標について、話している時に、感情がワァァァ〜と湧き出たことのある人?

涙がワァァァ〜っと流れたり、そう言う経験がある人?

ほとんど皆さん、経験しているんですね。

よくあることです。普通です。

人生についての話をする時、やっぱり感情が出て来ますよね。

実は、それこそがパワフルな目標をみつける秘訣です。

人生に望むことに関する環境をみつける秘訣です。




ですから、目標設定中に、感情が湧き上がってくるようであれば、何ができますか?

一旦、ストップして、

氣持ちや感情に氣づいて、

それだけで、バランス調整が完結することも、あるんです。



でも、そうなった場合、非常に深いバランス調整になるでしょうね。



そして、また違う日に、筋肉のバランス調整をやってみれば、いいんです。


================

本日も、読んで頂き、有難うございました。



タッチフォーヘルスインストラクター古里舟光湖へのお問い合わせ